神社仏閣・設計、施工、文化財修復、三重県桑名市の小島建設。

お気軽にお問い合わせ下さい。電話番号0594-22-6200

トップページ » 小島建設ブログ
  • 宗派別施工実績
  • お客様の声
  • 阪神大震災からの復興
  • 東日本大震災において
  • 東海・東南海地震に備える
  • 会社概要
  • 只今施工中。ブログ配信中
  • 小島の歴史
  • ご相談から施工までの流れ
  • 調査・点検について
  • 社寺建築専門の小島
  • お問合せ
  • 小島隆について
  • 小島建設facebook
只今施工中ブログ

2012年7月

7月 29 2012

正眼夏期講座

「第58回正眼夏期講座」が美濃加茂市の正眼寺において盛大に行われました。

今回の講演は比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者として知られる天台宗酒井雄哉大阿闍梨氏、

ウッディヤーナ山タルタン寺山主の林久義氏、

バロック音楽チェロ二重奏のクリストフ・モール氏、金丸晃子氏、

アルパ奏者の奥村洋子氏をお迎えしての夏期講座となり、

約150名の方々が参加されました。

 

 

 

 

酒井雄哉大阿闍梨様のご講演です。

千日回峰という荒行を2回も遂げられた酒井師。

「一日が一生、だな。今日失敗したからって、へなへなすることない、落ち込むこともない、明日はまた新しい人生が生まれてくるじゃない。

それにな、今日を大切にしなかったら、明日はありませんよっていう事でもある。今が一番大切だってことだよ。今自分がやっていることを一生懸命、忠実にやることが一番いいんじゃないのかな。」

 

とても勇気づけられ、今この時を一生懸命に生きようと心に誓いました。

 

 

 

こちらは典座の様子です。

精進料理のお食事は、雲水さんたちが一生懸命心を込めて用意されます。これは昔ながらのかまどで、ご飯が丁度炊き上がったところです。

火加減が大変に難しく、新人雲水に任せると、上ベチャ・中芯・下コゲと三拍子そろった美味しくないご飯に炊きあがってしまうそうで、その話を生き生きと話す雲水さんがとても面白かったです。

 

 

 

山川宗玄老師様です。

「この正眼僧堂で何かを得て帰るという事はもちろんありましょうが、逆に捨てていって頂きたいと思います。

余分なものをこの寺に捨てて頂くと、そこから全く新しい何かが生まれる筈だと常々我々は思っておりますので、捨てるという事をここで試して頂きたいと思います。その肩に担ったいろいろな荷物を捨てて頂きたい。

プライドや地位や名誉を座禅の中にストーンと捨てていって頂きたい。素の人間に戻って頂ければと思います。」

 

大きく見守って頂いているようで本当にありがたく、フッと肩の荷が下りたような楽な気持ちになりました。

座禅を通し、法話を通し、正眼寺と山川老師様の凛とした気に触れながら、自分自身を見つめ直す良い機会を与えて頂きました。

 

 

小島建設は正眼寺山川宗玄老師様を応援しています。

info@kuemon.jp

☎ 0594-22-6200

 

 

 

7月 26 2012

仏教壮年大会

 

 

浄土真宗本願寺派 第6回仏教壮年大会が桑名の地にて、

ご門主様ご臨席のもと、1,000人を超える参加者で盛大に行われました。

 

 

 

大会テーマは「生かされてつなぐ いのち」です。

 

 

 

ご門主大谷光真様ご臨席賜りました。

 

記念公演では龍谷大学学長 赤松徹真様がご講演されました。

 その中での一節に・・・

 

今はひと昔前のような右肩上がりの世の中でなく、右肩下がりの時代です。このような時代を生きて抜いていく事は容易な事ではない。それぞれに様々な悩みを、抱えらる。

 しかしその悩みを、分かち合うことが出来れば、

少しでも人の気持ちを和らげることができる一つの方法かもしれないのです。

 人と悩みを分かち合い、人生の意味や役割、与えられた使命というものを感じとり、日々の行動を考え、喜びながら一日一日を大切に過ごして頂きたい思います。と、とても印象的なお話を頂きました。

 

 又、記念行事として落語家の桂まん我さんが、明るく楽しくさわやかに、面白い落語を披露して、会場を大いに盛り上げてくれました。

 

 

最後に御住職様と総代様と一緒に記念撮影です。

 

 

 

 

小島建設は仏教壮年会を応援しています。

info@kuemon.jp

☎0594-22-6200

 

7月 22 2012

ゴム鉄砲

 

潮音寺の村上住職様との御縁が出来ました。

御本堂を利用してゴム鉄砲作りや紙飛行機作りを子供たちの為に教えてくれるとても頑張っている御住職様です。

 

最初一般公共施設を利用して教室を開催されていたようですが、半年先まで予約が取れなかったり、遊びでの利用が咎められる事があったりと、かなり不便さを感じられておられたようです。

 

そこで御本堂を使ってみては?ということになったのですが、

実際に使ってみると、御本堂という大空間の良さを改めて認識出来たという事と共に、子供たちが仏教に慣れ親しむきっかけが案外スムーズに出来てとても良いんですよと、御本堂の使い勝手の良さを語っていただきました。 

 

興味津々でお話を伺っていたところ、子供たちの手作り教室で教えるゴム鉄砲よりレベルが高い、本格的な手作りの作品を見せて頂けることになりました。

 

今回は特別にその一部をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

これはあくまでもゴム鉄砲です。

「ゴム銃」と呼ばれています。

飛ばすのは輪ゴムですよ。

 

 

 

 

 

何とレーザースコープが装備されています。

輪ゴムがこの小さなポイントにピタリと命中します。

 

 

 

 

 

この方が村上御住職です。

日本ゴム銃射撃協会に加盟され、2012年世界ランキング8位のスゴ腕の持ち主です。

 

物づくりが大好きで、子供たちが大好きな村上御住職。

御住職という立場と、本堂という大空間を活かし、地域の子供達に物づくりの楽しさと、仏教の尊さを広め伝えられています。

 

このご縁は大きな輪に繋がっていく楽しさを秘めています。

 

 

小島建設は村上御住職を応援しています。

info@kuemon.jp

☎0594-22-6200

 

 

 

 

 

 

 

7月 18 2012

石取コンクール

 

先日桑名市民会館にて、「石取祭ばやし優勝大会」が盛大に催されました。

この大会は、通称「石取コンクール」と呼ばれ、各町が太鼓や鉦の技量を競い合い優勝を目指して真剣に取り組みます。

優勝チームには優勝旗が授与され、本祭中、祭車の前に高々と掲げられます。

 

練習期間は毎年7月15日から20日と決まっています。

本年は練習一日を終えた後すぐ本番コンクールという日程で、

各町内、特にメンバーの方は苦労されたと思います。

 

 

 

前日の夜、一日しか取れない練習、

子供たちも真剣に練習しています。

 

 

 

選抜メンバーは皆真剣です。

 

 

いざ本番!

 

 

 

今年の結果は以下の通りです。

 子供の部 優勝:中央通B 準優勝:中央通A 三位:伝馬町

女子の部 優勝:馬道  準優勝:西矢田町 三位:片町

一般の部 優勝:新町 準優勝:宮通 三位:西鍋屋町

 入賞おめでとうございます。みんな頑張りました。

 

 

 

 

小島建設は石取祭を応援しています。

 ☎0594-22-6200

  

 

 

 

 

7月 12 2012

組棟

 

三重県松阪市の清光寺様御本堂。

梅雨空の中ではありますが、 御本堂の大屋根瓦葺が着々と進んでおります。

 

現在は大棟熨斗瓦積上げ作業中です。

写真では少し解りづらいのですが、清光寺様御本堂大棟は組棟となっております。

 

既存の大棟は、輪違い瓦が2段積みの半組でした。

鬼瓦の大きさ・棟の高さ・熨斗の段数・本堂の大きさを考慮し、

全体のバランスを整えるとこの度の大棟は輪違い瓦4段積の本組が相応しいであろうという結論に至り、了承を得て4段積本組に変更させて頂きました。

 

棟の組方にも原寸でこだわり、現場での意見を大切にし、

全体を考慮し洗練された風格のある御本堂の屋根というものをお客様に提供することを目指し、熱意を込めて仕事に取り組んでおります。

 

 

Seikoji Temple, Matsusaka, Mie, Japan

 

 

 

7月 09 2012

懸魚

 

三重県松阪市の清光寺様

 

御本堂大棟妻の懸魚、鰭、六葉、樽栓の彫刻が終わり、取り付け準備が整いました。

 

 100年前の創建当時の絵様を忠実に再現しております。

 

清光寺様の歴史、未来へ繋げていきます。

 

 

 

 

 

 

7月 05 2012

月並祭

弊社では、毎月鎮国守国神社宮司様にお越し頂いて、御祈祷をお願いしております。

 

御祈祷後、嵯峨井宮司様よりお話がございます。

「 今月は、今年の運気通り、物事が着実に展開していく月となります。しかし、季節の変わり目、体調が崩れやすいので十分に気をつけて下さい」ということでした。

 

物事が着実に展開していくとは何と嬉しいお言葉。

体調に気をつけ、更に頑張ろうという前向きな気持ちを高めて頂きました。

 

月初めに気持ちが引き締まり、心身がスッキリする大変ありがたい機会となっております。

 

 

 

 

7月 02 2012

伊勢の津七福神

 

「津市で七福神霊場めぐりを立上げようではないか!」

というプロジェクトに事務局として参加させて頂いております。

観音寺様・円光寺様・蓮光院様・高山神社様・結城神社様・

榊原寺蔵寺様・四天王寺様が七福神霊場です。

名称は「伊勢の津七福神」と決定しました。

全体会議も回を重ねるごとに熱を帯びてまいりました。

今回はその様子を一部お届けいたします。

 

 

プロジェクターを使って分かりやすく会議が進んでいます。

 

 

 

パンフレット作成・ホームページ作成・昇り旗デザイン・色紙作成・協賛のお願い・メディア取材依頼と盛りだくさんの検討内容です。

 

 

 

 今回の会議で「伊勢の津七福神」が本年12月2日(日)に開創法要を執り行うことと決定し、その日に向け準備を整えることとなりました。

 

こちらが、伊勢の津七福神のホームページでございます。(http://isenotsu7fukujin.net/

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

このページの先頭へ

  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

寺院・神社の新築・改修・修復に関するお問い合わせは0594-22-6200までどうぞ

メーメフォーム

〒511-0045
三重県桑名市伝馬町103
FAX:0594-23-3745