神社仏閣・設計、施工、文化財修復、三重県桑名市の小島建設。

お気軽にお問い合わせ下さい。電話番号0594-22-6200

トップページ » 小島建設ブログ
  • 宗派別施工実績
  • お客様の声
  • 阪神大震災からの復興
  • 東日本大震災において
  • 東海・東南海地震に備える
  • 会社概要
  • 只今施工中。ブログ配信中
  • 小島の歴史
  • ご相談から施工までの流れ
  • 調査・点検について
  • 社寺建築専門の小島
  • お問合せ
  • 小島隆について
  • 小島建設facebook
只今施工中ブログ

9月 01 2013

伊勢神宮式年遷宮 御白石持行事

「お伊勢さん」「伊勢神宮」の呼び名で親しまれている神宮様で、第62回式年遷宮の御白石持行事が行われております。

新しい御正殿の敷地に敷き詰める「御白石」を奉献する民俗行事です。

 

1DSC02997

宮川流域より拾い集めた「御白石」を奉曳車に載せ、おはらい町を練り進みます。

迫力ある勇ましい木遣りの歌声から御白石持行事は始まります。

 

 

1DSC03006 
エンヤ、エンヤの掛け声高らかに、祈りを込め力を合わせ総勢2,000人で2本の曳綱を力強く曳きました。

この御白石持行事には地元の神領民と全国からの特別神領民とを合わせ、何と23万人を超える方々が参加される予定です。

 

1DSC03018

神域に入ってからは一人一人が「御白石」を白布に包み、普段立ち入ることのできない御垣内の中に入り、真新しい御正殿近くまで進み、「御白石」を奉献いたします。

写真は、いよいよ新たに造営された御正殿へと向かうところです。御正殿を間近で拝む事ができるのは20年に一度、この時しかございません。

光り輝く美しい御正殿を目の前にし、感動と崇敬の気持ちでいっぱいになりました。そして祈りを込め「御白石」を自らの手で奉納させて頂きました。

 

 

これから、第62回式年遷宮はクライマックスの「遷御の儀」をお迎えになられます。皇大神宮(内宮)様は10月2日(水)に、豊受大神宮(外宮)様は10月5日(土)に執り行われます。

午後8時全ての灯りが消された浄闇の中、大御神は本殿を出御、新殿へ入御されます。荘厳な古代絵巻が繰り広げられます。皆様ご注目ください。

 

 

 

創業明治20年 

社寺建築専門 (株)小島建設

三重県桑名市伝馬町103

☎0594-22-6200

info@kuemon.jp

 

 

 

このページの先頭へ

  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

寺院・神社の新築・改修・修復に関するお問い合わせは0594-22-6200までどうぞ

メーメフォーム

〒511-0045
三重県桑名市伝馬町103
FAX:0594-23-3745